思春期の貧血の特徴

思春期の貧血は男子でも女子である。特徴と食事で対策をするポイント!

9才から18才の時期は身長、体重が増えることにともなって、筋肉、血液の量が増える成長期にあたり、それだけ鉄の量も必要になります。これは男子であっても女子であっても同じです。

 

それを成人の男性が1日に必要とする鉄の量と比較すると2倍〜3倍も必要になると言われています。

 

男子の場合は月経というのありませんが、女子の場合は、月経が開始する時期とも重なり、さらに必要量が増します。

 

鉄欠乏性貧血を起こす頻度から見ても、成人女性の10%に対して中学生の女子は20%にもなります。


思春期の貧血の症状

思春期の貧血の症状としては、成人と同じく、めまいやたちくらみが代表的です。

 

鉄分が不足することで、赤血球中のヘモグロビンとよばれるものが減少し、その結果、体の隅々にまで酸素が送られにくくなると、めまいやたちくらみの症状がでてきます。

 

体の隅々にまで酸素が送らにくい状態が続ければ、息切れや動悸などの症状もでてきます。

 

 

さらに、鉄分不足が進むと、慢性的に疲労を感じたり、また肌荒れやむくみなどの症状がでてくることもあります。

思春期の貧血の対策

思春期の貧血対策としては、まずは食事を抜くことや過度なダイエットは禁物です。

 

 

朝食をきちんと食べ、鉄分、たんぱく質、ビタミン類を十分に摂りましょう。また月経の時は月平均で45mlの出血があります。1mlの出血で鉄は約0.5mgが失われるので、毎月の月経で20mg以上の鉄が失われることになります。

 

 

その分の鉄量をふだんよりさらに余計にとるように心がけましょう。

思春期の貧血と食事

思春期の貧血対策としての食事としては、まずは食生活の基本として、成長に見合った栄養素を確実に摂取するために、1日3食を食べることです。

 

まずは、肉、魚、大豆製品、乳製品などのたんぱく質を十分にとる必要があります。

 

同時に、ビタミン、ミネラルを補給し、たんぱく源がうまく活用できるようにします。特に、女性は、月経が始まると鉄の損失が多くなりので、鉄分の補給は必要。

 

スナック菓子や甘いものだけでお腹をいっぱいにしないで、いろいろな食品を食事でとることで、栄養バランスを整えましょう。

 

規則正しい食生活は、体だけなく心にも良い影響を与えます。家族や友人といろいろなこを話しながら、楽しい食事の時間を過ごしたいものですね。

思春期の貧血対策を普段の食事で補えない場合はヘム鉄のサプリメントあり!

思春期から貧血対策でサプリメント、というのは抵抗がある人もいるかも知れないですがもし食事で十分な鉄分が補えない場合はヘム鉄のサプリメントを取り入れるのもありだと思います。

 

 

普通の鉄分は、その栄養素の性質上、体に吸収されにくいものですが、ヘム鉄の場合であれば、5倍ぐらいの吸収力があるので、鉄分不足の貧血であれば短期間で改善される事が多いですから。

関連ページ

妊娠中、授乳中に貧血になる原因と対策。つわりの時は無理せず!
妊娠中、授乳中の貧血になる原因と対策。鉄分やたんぱく質、ビタミンをしっかりと摂ることが大事ですが、つわりの時は無理をしないでくださいね。
更年期、閉経後の貧血の特徴や対策!補い切れない鉄分はサプリメントでカバー!
更年期や閉経後は生理がなくなるので貧血の心配は減りますが、それでも貧血の症状がでる場合ってあるんですよ。
高齢者の貧血になりやすい理由と対策。ヘム鉄のサプリで不足を補うのもあり!
高齢者が貧血になりやすい理由知っていますか?その理由と対策について解説しています。また、どうしても鉄分が足りない時はヘム鉄のサプリメントを取り入れるのもありでしょう。
ヘモグロビンは酸素の運搬人です!
ヘモグロビンは酸素を運搬人。ヘモグロビンが減少すると運搬人が少なくなってしまうっていう事なんですね。
鉄不足だと息切れ、息苦しい状態になります。ヘモグロビンが作られないから。
鉄不足で息切れ・息苦しい状態になるのは、ヘモグロビンが作られにくくなってしまうからなんですよ。酸素が全身に行きにくくなるんです。
鉄欠乏性貧血のよくある症状
鉄欠乏性貧血の場合によくある症状。当てはまっているものがあれば鉄欠乏性貧血かも知れない^ですね。
潜在性鉄欠乏性貧血が見逃されるのは血液検査に血清フェリチンがないから!
潜在製鉄欠乏性貧血が見逃されがちなのは、血液検査に血清フェリチンがないからなんですよ。潜在性鉄欠乏性貧血の対策にはヘム鉄がおすすめです。
貧血対策に睡眠は大事というのを実感してます。
貧血対策には睡眠も大事ですが、ちゃんと睡眠できていますか?