妊娠中に貧血になりやすい原因

妊娠中、授乳中に貧血になる原因と対策。つわりの時は無理せず!

妊婦が貧血になりやすい原因の1つは、胎児や胎盤に栄養素を速やかに運ぶためです。妊娠していない時に比べ、体の中を循環する血液の量が約40%増加するにもかかわらず、赤血球の増加量が追いつかないことにあります。

 

 

もう一つは、胎児による鉄の必要量の増加です。胎児の発育とともに、多くの鉄を必要としますが、食事からの鉄が不足すると母胎の貯蔵鉄を使います。貯蔵鉄が十分であれば問題はありませんが、貯蔵鉄が少なく、妊娠する前から貧血の一歩手前の状態であると、妊娠してからは貯蔵鉄がなくなり、貧血になります。母胎の栄養状況が良くなかったとしても、胎児に必要な栄養はとれていきます。

 

 

重症の貧血は、妊娠中毒症、流産や早産を起こしやすく、分娩時には、微弱陣痛や異常出血、産褥の回復の悪さなどの危険が伴います。


妊娠中に貧血にならない為には十分な栄養を。でもつわりの時は無理しない。

妊娠中、授乳中に貧血になる原因と対策。つわりの時は無理せず!

そんな事にならないようにするためには、鉄を多く含む食品をとるとともに、赤血球の合成に必要なたんぱく質、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸などを含む食品をとるようにしましょう。

 

 

ただ、妊娠すると、嗜好が変化したり、つわりがひどくて食べられない、そんな状態になることもしばしばあります。

 

 

特に、妊娠前期の2〜3ヶ月は、つわりのため食欲がない場合が多くなります。つわりの時はつらくても栄養のバランスどころではなくなる事もあるので、まずはエネルギーの確保のために、食べられるものをとるようにしましょう。

 

 

つわりの時期が過ぎると、食欲がでてきますが、妊娠4ヶ月で胎児の体重は100g、5ヶ月で250gほどですので、多くのエネルギーは必要ではありません。

 

 

ただし、この時期は胎児の内臓や骨などが形成されている時ですので、たんぱく質やカルシウムが十分必要になってきます。

 

 

ビタミン、鉄などの必要量も増加するので、バランスの良い食生活を心がけていきましょう。


妊娠後期は鉄分以外にも必要なカロリーも増える。

妊娠後期には、胎児は急速に発育、発達してきます。活発に発育する胎児には十分な栄養が必要ですが、胎児が大きくなれば胃が圧迫されて、一度にたくさんの食事をとることはできません。

 

 

この時期になると、貧血が急激に増加し、妊娠中毒症も増えてきます。

 

 

バランスよく必要量の栄養をとるために、食事の回数を増やすのもよいでしょう。

 

 

朝食、昼食、夕食の3食以外に、10時、3時にも軽い食事代わりになるものを加え、栄養が不足しないようにします。

 

 

妊娠後期は妊娠していない時に比べ、必要エネルギーは350カロリーほど増加します(約20%の増加)。

 

 

ビタミンやミネラルの必要量も約10〜30%増加するので、1日30食品くらいとることを目標にして、1日に3食〜5食を規則正しく食べましょう。

 


授乳中の貧血は妊娠以前に問題がある事も

妊娠中、授乳中に貧血になる原因と対策。つわりの時は無理せず!

出産で大量の出血を経験した母胎には潜在的にその後遺症があると言えます。さらに産後は授乳や育児や費やすエネルギー量が多いため、1日0.25〜0.34mgの鉄が失われます。

 

 

健康な母体ではそうした状況も貯蔵鉄で乗り切れますが、過度なダイエットなどで妊娠以前に体に十分な鉄の備えがなく、産後や授乳期・育児中に貧血を起こす母親が多くなっているようです。


授乳中の貧血の対策

女性は妊娠前から貧血のない体にしておくという心がけが必要です。もちろん、出産後もバランスのとれた適量の食事から十分な鉄量をとること。それがエネルギーを使う育児を乗り越えるためにも必要になってきます。

 

 

一般的にエネルギーの摂取量が不足すると、それに比例して鉄の摂取量も減ります。産後スリムな体型に戻したいと思う人もいるかも知れないですが、無理なダイエットは禁物です。

 

もし、それでも貧血の症状があり、鉄分が不足していると思った場合は、ヘム鉄のサプリメントを検討しても良いかも知れません。

 

鉄分は体に吸収がされにくい栄養の一つなので、鉄分が不足しないように食事をしているつもりでも、貧血の症状がなかなか改善されない場合があります。

 

ヘム鉄のサプリメントであれば、その不足分を十分満たし、さらには母子ともに鉄分が不足する状態を避けることができますからね。

関連ページ

思春期の貧血は男子でも女子である。特徴と食事で対策をするポイント!
思春期の貧血は男子であっても女子であっても起こります。その特徴と食事で対策する場合のポイントの紹介をしています。
更年期、閉経後の貧血の特徴や対策!補い切れない鉄分はサプリメントでカバー!
更年期や閉経後は生理がなくなるので貧血の心配は減りますが、それでも貧血の症状がでる場合ってあるんですよ。
高齢者の貧血になりやすい理由と対策。ヘム鉄のサプリで不足を補うのもあり!
高齢者が貧血になりやすい理由知っていますか?その理由と対策について解説しています。また、どうしても鉄分が足りない時はヘム鉄のサプリメントを取り入れるのもありでしょう。
ヘモグロビンは酸素の運搬人です!
ヘモグロビンは酸素を運搬人。ヘモグロビンが減少すると運搬人が少なくなってしまうっていう事なんですね。
鉄不足だと息切れ、息苦しい状態になります。ヘモグロビンが作られないから。
鉄不足で息切れ・息苦しい状態になるのは、ヘモグロビンが作られにくくなってしまうからなんですよ。酸素が全身に行きにくくなるんです。
鉄欠乏性貧血のよくある症状
鉄欠乏性貧血の場合によくある症状。当てはまっているものがあれば鉄欠乏性貧血かも知れない^ですね。
潜在性鉄欠乏性貧血が見逃されるのは血液検査に血清フェリチンがないから!
潜在製鉄欠乏性貧血が見逃されがちなのは、血液検査に血清フェリチンがないからなんですよ。潜在性鉄欠乏性貧血の対策にはヘム鉄がおすすめです。
貧血対策に睡眠は大事というのを実感してます。
貧血対策には睡眠も大事ですが、ちゃんと睡眠できていますか?