高齢者が貧血になりやすい理由とは?

高齢者の貧血になりやすい理由と対策。ヘム鉄のサプリで不足を補うのもあり!

高齢者は貧血になりやすい傾向にあります。

 

 

理由は、年齢が高くなるにつれ、基礎代謝が低下し、活動量も減少し、さらには噛む力や味覚、嗅覚の衰えでてくるために、食事の摂取量が減少していますからです。

 

また、消化液の分泌機能の低下、消化管の運動機能の低下、胃酸分泌の低下なども変化してきます。

 

胃酸分泌の低下は、ビタミンや鉄分などのミネラルの吸収に影響を及ぼし、基礎代謝の減少とともに、1日に必要な摂取エネルギー所要量は少なくなりますが、たんぱく質、ビタミン、カルシウムや鉄などのミネラルの所要量は、20代の時と比較しても少し少ないぐらい、もしくは同じです。

 

高齢になると貧血が起こりやすいのは、こうした体の変化によるものが大きいと言えます。

 

 

高齢者の貧血予防のためには、酢や柑橘類、酸味のあるものを摂り、胃酸の分泌を高くするようにしたり、新鮮な魚、レバー、大豆製品を使った料理、新鮮な野菜を使った料理、くだものなどの多種多様な食品を、少しずつバランスよく食べることが大切になってきます。

 

鉄分を始め、栄養素が不足しないようにしていきましょう。

 

また、最近では、健康のために、スポーツクラブなどで、水泳や水中ウォーキング、筋肉トレーニング、ジョギングなどの運動に熱心に励む高齢者が多いと思います。運動する事自体は良いことですが、運動量ばかりが増えて食事がおろそかになっていないでしょうか?

 

 

運動をすると、鉄の代謝量が増え、貧血になる場合があります。特に、高齢になると、体の変化により貧血が起こりやすくなるので食事の内容には十分に気をつけてくださいね。

 


1人暮らしの高齢者と貧血。

最近では高齢者の1人暮らしが増えてきています。そんな場合、簡単に食事を済ませてしまう事も多いと思います。

 

 

いろいろおかずを買ってきても結局余らせてしまう事になる、という勧化から使う食品の種類も少なくなってしまう事があります。

 

 

こうした食品の種類が少ない食生活から、摂取エネルギーの不足、たんぱく質、鉄、ビタミン類が不足する傾向にあります。

 

 

もし、そんな状態であるならば、鉄分やビタミン類などが入ったサプリメントを摂取するのも一つの考えです。

 

 

特に、ヘム鉄と呼ばれる種類の鉄分は体への吸収効率が高く、貧血対策として効果的に鉄分を体に取り入れることができる鉄分です。

 

 

このヘム鉄が入って、なおかつビタミン類も入ったサプリメントであれば、普段の食事の栄養不足を補うこともできますから。

 

関連ページ

思春期の貧血は男子でも女子である。特徴と食事で対策をするポイント!
思春期の貧血は男子であっても女子であっても起こります。その特徴と食事で対策する場合のポイントの紹介をしています。
妊娠中、授乳中に貧血になる原因と対策。つわりの時は無理せず!
妊娠中、授乳中の貧血になる原因と対策。鉄分やたんぱく質、ビタミンをしっかりと摂ることが大事ですが、つわりの時は無理をしないでくださいね。
更年期、閉経後の貧血の特徴や対策!補い切れない鉄分はサプリメントでカバー!
更年期や閉経後は生理がなくなるので貧血の心配は減りますが、それでも貧血の症状がでる場合ってあるんですよ。
ヘモグロビンは酸素の運搬人です!
ヘモグロビンは酸素を運搬人。ヘモグロビンが減少すると運搬人が少なくなってしまうっていう事なんですね。
鉄不足だと息切れ、息苦しい状態になります。ヘモグロビンが作られないから。
鉄不足で息切れ・息苦しい状態になるのは、ヘモグロビンが作られにくくなってしまうからなんですよ。酸素が全身に行きにくくなるんです。
鉄欠乏性貧血のよくある症状
鉄欠乏性貧血の場合によくある症状。当てはまっているものがあれば鉄欠乏性貧血かも知れない^ですね。
潜在性鉄欠乏性貧血が見逃されるのは血液検査に血清フェリチンがないから!
潜在製鉄欠乏性貧血が見逃されがちなのは、血液検査に血清フェリチンがないからなんですよ。潜在性鉄欠乏性貧血の対策にはヘム鉄がおすすめです。
貧血対策に睡眠は大事というのを実感してます。
貧血対策には睡眠も大事ですが、ちゃんと睡眠できていますか?