自覚症状がないのに貧血と診断されました。

自分では健康に自信がありました。

 

しかし、今までに貧血と診断されたことがあります。

 

 

立ちくらみもないし、顔色も悪くないのに。

 

 

診断された時はすごく驚きでした。

 

 

最初に貧血と診断されたのは、産婦人科の妊婦検診で、ヘモグロビン濃度が9しかありませんでした。

 

 

当時は葉酸サプリを飲んでいて、それに鉄分も含まれていたのに足りてなかったようです。

 

 

鉄剤を処方され、ヘモグロビン濃度11に改善するまでの数か月間、飲み続けました。

 

 

その後、いろいろあって、帝王切開で出産したせいか、出産直後はヘモグロビン濃度が5にまで落ちてしまいました。

 

 

手術直後で寝たきりだったので、具合の悪さがよく分かりませんでした。

 

 

看護師さんが驚いて、鉄剤を飲むのでは間に合わないから、鉄剤の注射をすることになりました。

 

 

針を腕に刺してから5分ほど、腕に乗っかった生暖かい鉄剤が点滴のように入っていくのを眺め、すごくグロテスクに感じました。

 

 

その後、育児が始まり、自分の健康診断なんてほったらかしになってしまいました。

 

 

子供が大きくなって、ふと気が付いて、近くの内科で健康診断を受けました。

 

 

そうしたら、また貧血と言われ、3か月間、鉄剤を飲むことになりました。

 

 

この時も全く自覚症状が無かったですが、よく考えると疲れやすかったかも。

 

 

育児の疲れなのか、貧血が原因なのか、区別はつきませんが。

 

 

たかが貧血と言っても、侮れません。

 

 

子宮筋腫などの病気の兆候の時もあるようですから。

 

 

自分では気づかないこともあるので、小まめな健診は大事ですね


関連ページ

献血後に貧血になった。頭の血がサーッと!
献血後に貧血になってしまいました。貧血が終わって立ち上がった瞬間に頭の血がサーッと。
朝礼中に貧血になったことも。効果があった食生活の見直し。
会社で朝礼中に貧血になってしまったこともあるんです。でもちょっとした食生活の見直しで効果を感じることができましたよ。